KTBアンカー工法

概要

グランドアンカーは、切り土、斜面崩壊の法面安定、地すべり防止や、構造物の転倒、浮力防止など、様々な分野で応用されています。

そのなかで「KTB永久アンカー工法」は、安定した力学性状を有する、耐久性に優れたアンカー工法として多くの実績を誇っています。

主な用途

  • 法面安定工(現場打ちのり枠)
  • 法面安定工(受圧板)
  • 土中構造物の浮上防止
  • 既設擁壁の補強
  • 吊り橋のアンカー
  • 鉄塔の転倒防止

KTB永久アンカー工法の種類

KTB・引張型SCアンカー工法

【特徴】
ストランドはスペーサーで隙間を取り、グラウトの付着強度を増強
テンドンにSCストランドを使用し、全体にわたり、防食、防錆を実現
シンプルな構造で、削孔の細径化を実現
挿入作業が簡単、緊張管理も容易

KTB・荷重分散型永久アンカー工法

【特徴】
設計アンカー力を複数の耐荷体を介して、地盤へ確実に分散伝達
テンドンにSCストランドを使用し、全体にわたり、防食、防錆を実現

KTB・応力拘束型Cmsアンカー工法

【特徴】
従来に例のない波型リブをもつ拘束体により、平均化された小さな応力を伝達
テンドンにSCストランドを使用し完全防食、全体にわたり四重防食を実現
定着地盤が良好な場合はアンカー体長の短縮が可能
シンプルな構造で、削孔の細径化を実現

アンカーの施工手順

  • 施工手順1
    削孔
    アンカーの削孔は計画された削孔径・削孔傾角で所定の削孔長まで削孔します。
    また、削孔終了時に孔内を清水で周囲の地盤を乱すことがないように洗浄します。
  • 施工手順2
    グラウト注入
    一次注入はテンドンを挿入する以前に、削孔水との置換えとグラウト充てんを目的として行うことを原則とします。
    グラウトと削孔水との完全な置換えが最も大切です。
  • 施工手順3
    テンドン挿入
    テンドンの挿入は、一次注入後速やかに行い、かつ、計画と合致するよう確認しながら行います。



  • 施工手順4
    加圧注入
    テンドン挿入後は加圧注入を原則とします。ドリルパイプ引抜き後、補充注入を行います。
  • 施工手順5
    緊張
    緊張は、グラウトが所定の強度に達した後、品質保証試験により変位特性を確認し、施工計画に示された定着時緊張力で定着します。
  • 施工手順6
    定着およびアンカー頭部処理
    緊張および定着されたアンカー頭部を、設計図書に従って背面ならびに頭部の処理を行います。

当社の施工実績

工事名:
音沢地区急傾斜地対策法面工事
発注者:
富山県入善土木事務所
元請業者:
大高建設株式会社
施工期:
H11/3~H12/3
工事場所:
富山県黒部市宇奈月町音沢 地内
当社担当:
石井、川添
工事名:
野猿用吊橋右岸橋台工事
発注者:
富山県入善土木事務所
元請業者:
大高建設株式会社
施工期:
H15.10~H15.12
工事場所:
富山県黒部市宇奈月町音沢 地内
当社担当:
辻栄
工事名:
野猿対策用吊橋設置工事
発注者:
国土交通省 黒部河川事務所
元請業者:
大高建設株式会社
施工期:
H16.10 ~H17.3
工事場所:
富山県黒部市宇奈月町音沢 地内
当社担当:
杉原